おいしい水ってどんな水? 赤ちゃんにも私にも必要な「天然水」「ミネラルウォーター」について語ります

arukari

  よく見るアルカリイオン水って?

 おいしい水とアルカリイオン水

コンビニのアルカリイオン水

スポンサードリンク

アルカリイオン水ってどんな水?

 市販されているおいしい水のなかに、また、今ですとちょっとしたスーパーの中にも無料で飲めたり、持ち帰られたりするコーナーがあるアルカリイオン水。

 ごくまれに天然のアルカリイオン水というものも販売されていますが、基本的には、アルカリイオン水は天然で算出するものではなく、改質器や整水器と呼ばれるもので人工的につくられたものをさします。

 また、健康によいおいしい水ということで、さまざまなアルカリイオン整水器が販売されています。


 それではいったい、アルカリイオン水とはどのような水なのでしょうか。

 アルカリイオン水とは、pH(ペーハー)9~11くらいのミネラルウォーターのことです。

アルカリイオン整水器の構造

 上図は一般的なアルカリイオン整水器の原理を図示したものです。

 原理的には一種の水の電気分解装置であり、マイナス極にアルカリ性の水が、またプラス極に酸性の水が生じます。

 この水は水槽の中間にある半透膜を通して左右に分離され、アルカリ性の水と酸性の水を別々に取り出すことができるようになっています。

 また、この整水器を使う場合、少量の乳酸カルシウムを投入し、その効果を高めています。

 なお、アルカリイオン整水器はその水量にもよりますが、十数分から数十分間電圧をかければ、pH9~11位のアルカリイオン水が出来上がります。


 アルカリイオン整水器は1965年に厚生省から薬事法により許認可され、その効能は慢性下痢、胃酸過多、消化不良に有効とされています。

 一方、プラス極側に集まる酸性水は飲用には適しません。このため水の半分は捨てることになりますが、この酸性水は化粧水(アストリンゼン)として利用することができます。アストリンゼンは収斂性の化粧水の一種で、汗や皮脂の分泌を抑え、肌を整える作用があります。


 現在、各メーカーでは、種々の効果をアピールするものがたくさん出ていますが、これらはメーカーのノウハウに属するものであり、一般的には原水として水道水を使用するものに浄水用フィルター機能をつけたものや、出来上がったアルカリイオン水に微量の必須ミネラルを混入し、飲みやすくおいしい水と感じられる工夫を凝らしたものなどがあります。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional